【よっちゃんイカ】「カットよっちゃん当り付き」等が販売終了! そして事実上の値上げへ……

カットよっちゃん

長年、駄菓子界を牽引してきた「カットよっちゃん当り付き」が、本日5月31日を以て販売終了となりました。

よっちゃん食品工業株式会社

販売終了の原因は、原材料であるイカの価格高騰。
その背景には温暖化による海水温の変化により資源量が減ってしまったこと、そしてなにより日本の排他的経済水域で違法な操業を繰り返す外国船の影響が大きく関係しています。

中国漁船に代表される乱獲は、イカだけでなく日本では禁止されている集魚灯を用いて魚を集める「虎網漁船」や、底引き網漁や巻き網漁によって成長段階に関係なく根こそぎ獲っていくという傍若無人ぶり。
このまま好き勝手にさせていると、将来、カットよっちゃんだけでなく、お寿司やお刺身が本当に食べられなくなるのは必至です。

 

そんな食材料危機に関連する今回のニュースですが、カットよっちゃんが完全に消えてしまうということではないようです。

カットよっちゃん新形態

メーカーの発表によりますと、10g:30円タイプと25g:60円タイプが、15g:50円タイプに集約されるようです。
事実上の値上げですよね……。

 

私が小学校の頃から、駄菓子屋では「高級メニュー」として高嶺の花であったカットよっちゃん。
あの頃から約30年、中身を少しずつ減らしつつも価格は据え置かれていたことに驚きだったのですが、いよいよ大きな変革期にきたということになります。

頑張れ、よっちゃんイカ!
頑張れ、よっちゃん食品工業株式会社!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です