【楽しみが終わった…】Amazon Prime Video 「からくりサーカス」「どろろ」が最終回を迎えた件

雑記

昨年の10月から配信スタートした「からくりサーカス」が全36話、そして今年1月から始まった「どろろ」が全24話で最終回となり、これまで毎週の楽しみであった視聴作品が終了、やや寂しい感じに。

 

からくりサーカス
■【Amazon Prime Video】「からくりサーカス」

初期の頃より、原作ファンからは「描くべきところをすっ飛ばしすぎ」という評価が多かったのですが、原作未読の私はそんなのことは気にならずに楽しめました。
ただ、物語が終盤になるにつれ、「駆け足になってきたなぁ」という感じは流石に否めず、きっと原作ではもっと丁寧に描かれていたんだろうなぁとは思いましたが、からくりサーカスといういい作品を世に知らしめるダイジェストアニメという位置づけでもいいのでは。

 

どろろ
■【Amazon Prime Video】「どろろ」

妻夫木&柴咲コウによる実写、ではない、手塚治虫原作のリメイクアニメ作品。
現代風ということもあり、こちらも原作ファンからすると納得いかない、突っ込まざるを得ない感じだったのでしょうけど、これまた私、原作未読で独特の世界観、空気感を「これはこれでありなんだろう」と楽しませていただきました。
話も中盤に差し掛かる頃、いわゆる「作画崩壊」の兆しが見えて一時はどうなることやらと心配しましたが、無事に走り抜けられて一安心。
シーズン2もあるようなのですが、果たして。

 

ここからは、それ以外に私が継続中、もしくはオススメの作品をご紹介。

 

ワンパンマン
■【Amazon Prime Video】「ワンパンマン」

そのタイトルは存じ上げていたのですが、最近になって見始めた作品。
3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れたサイタマだが、あまりに強くなりすぎてしまったゆえに、どんな強敵が相手でもワンパンチで決着がついてしまう、という設定に、どう面白く見せてくれるのかと心配になりがちなのですが、いやはや中々どうして。
特にシーズン1のファイナルバトルは圧巻!
しかしシーズン2に入り、様々な事情によりクオリティが下がったことは否めません。
でもベースがしっかりと面白いのでついつい見てしまうのでした。

 

甲鉄城のカバネリ
■【Amazon Prime Video】「甲鉄城のカバネリ」

実は本編より先に劇場版「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」から入った人間でして。
世界観を一言で言い表すには「大正浪漫なバイオハザード」というのはどうでしょうか。
個人的にキャラクター原案の美樹本晴彦ってあまり好きなタッチではないのですが、そのテンポと描写にグイグイと引き込まれていってしまいました。
シーズン1もクライマックに進むにつれ、スケール的なことも含めて尻すぼみ的な感じもしますが、シーズン2以降があるとするならばそれで良いのかと。

 


雑記

Posted by akiwo