任天堂、セガに続け! SNKが「NEOGEO mini」を発表! 液晶画面つきで40タイトル収録

全般

株式会社SNKが、SNKブランド40周年を記念したゲーム機「NEOGEO mini(ネオジオ ミニ)」を発表しました。

NEOGEO mini

NEOGEO mini

・名作・傑作タイトルを40作品内蔵したゲーム機で、ゲーム機本体に3.5インチの液晶ディスプレイを搭載

・外観デザインは、1990年代に登場したNEOGEOのアーケード筐体をモチーフに、青、白、赤の配色でデザイン

・発売時期や収録タイトルなどの詳細については、今後発表

 

学生時代、ゲーセンや駄菓子屋にはNEOGEOのタイトルが数多リリースされ、それはそれは勢いがありました。
私の思い入れの強いタイトルといえば、「餓狼伝説スペシャル(通称:がろすぺ)」と「龍虎の拳2」でしょうか。

アーケードゲームでありながら家庭用ハード&ソフトも出ていて、あのゲーセンのゲームがお金を気にせず遊びまくれる! と夢のような状況だったわけですが、しかしながらゲーム機本体が58,000円、ソフトが1本なんと30,000円以上もするという法外な価格であったため、多くのゲーマーは結局ゲーセンで遊ぶしかなかったワケです。

そんな歯がゆい思いから約30年。

あの記憶に残る筐体をモチーフにしたデザイン。
そしてどこでも遊べる液晶画面付き。
ファンの思い出を大事にしつつ、ファミコンミニ等とは差別化を図ってきております。

正直、画面は小さめでプレイはしにくいやろうし、そのために価格がどうなるのかが心配ですが、ちゃんとテレビに繋げて遊べるようにHDMI端子と、NEOGEOと言えば大半のタイトルが対戦モノであるため、外部コントローラー端子が2つ備わっているのは嬉しいところ。

あとは収録される40タイトルが気になるところですが、アノ世代であるならば、コレクターズアイテムとしてもアリでしょう!

100メガショーック!