スマホ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』発表 11月下旬に配信

スマホ

動物の森ポケットキャンプ
■スマホ向けアプリ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』正式発表、11月下旬に配信へ。【automaton】

私がこのシリーズを遊んだのは、2005年11月に発売されたDS用ソフト「おいでよ どうぶつの森」だったから、かれこれ10年以上前になるのかぁ。
早いなぁ。

ニンテンドースイッチではなくスマホアプリというプラットフォームゆえ、その経営方向に注目があつまりましたが、発表で『基本無料+アイテム課金』というスタイルであることが判明しました。

アイテム課金と聞くと、
「強いアイテム・レアキャラ欲しさに、多額をつぎこんでしまうユーザーを生みだしている問題」
などが脳裏をよぎりますが、この『ポケキャン』では「リーフチケット」という、いわゆる「時間短縮をする」ためのアイテム購入にとどまっています。
作りたい・欲しいアイテムが完成するまでにはリアルタイムの時間がかかるようになっています。
レアアイテムであればあるほど、その時間は長く設定されてるんやと思うんです。
そんな時、このリーフチケットを使うと、その時間を短縮できる。

つまり“確率”ではなく“効率”を買うわけです。

ちなみにそのリーフチケット1枚で、どれほどの時間がカットできるのかは現時点では不明。
もちろん、チケットなんか買わずに、のんびりと遊ぶことだって出来ます。

一部では、
「こんなビッグなコンテンツ、もっと課金要素を増やせばもっと儲かったやろうに」
と、この課金スタイルを疑問視する声もありました。

しかしこれは「どうぶつの森」。

ゲームのコンセプトや、ユーザー層に配慮しての決定やったんやと思います。
また、今回の発表には全く触れられてはいませんでしたが、いまノリにノッてるニンテンドースイッチとの連携なんかも視野にいれてるんでしょ! と妄想してしまうのは当然のこと。
そのあたりは抜かりないんじゃないかな、任天堂さんは。
とりあえず、11月下旬頃のリリースを楽しみに待ちましょう。

そして皆さんのキャンプ場にもお邪魔したいと思います。