スマホ「共闘ことばRPG コトダマン」コトダマー報告書 No.1

スマホ

とにもかくにも「コトダマン」であります。
いま、メインで触っていたいソーシャルゲームが「共闘ことばRPG コトダマン」なのであります!

共闘ことばRPG コトダマン

4月の16日に正式リリースされてから、このサイトでもちょこっと記事を書きました。


それっきり一切触れていなかったので、辞めてしまったのかと思われた方もおられたかとおもいますが、いえいえ、ずっと触り続けておりました。

基本的なシステムや面白さなどは以前の記事を読んでいただくとして、今回はこの一か月間プレイしてみて、「コトダマン」の凄さをもう少し掘り下げてみたいと思います。

 

一か月で500万ダウンロード突破

DL数というのは曖昧なところもあるのですが、500万という数字はかなりのもです。

ソーシャルゲームにはリセマラ(リセットマラソン=プレイ序盤でひくことの出来る無料のガチャで、お目当ての高レアリティキャラが出るまで何度もやり直す作業)がつきものなのですが、リセット、つまりアプリをアンインストールしてやり直すのが基本となっています。

つまりは同じ人が何度もリセマラを繰り返すことにより、DL数も伸びていくという仕様なのですが、このコトダマンはリセマラにアンインストールを必要とせずに最初からやり直すことが出来るようになっているのです。
これはとても親切な上に、DL数もよりわかりやすい値となっているワケですね。

 

あまり儲け主義に走っていない(ように感じる)運営体勢

いくら人気があったとしても、儲けがないと会社として運営していくことはできません。
その儲けの基盤となるのが「ガチャ」であります。

この「コトダマン」にも、もちろんガチャはあります。
そのガチャを引くのに必要なのが「虹のコトダマ」というアイテムなのですが、これがかなりの勢いでサクサクと手に入るようになっているんです。
なので、私はいままでこのゲームに関してガチャでストレスを感じたことがありません!

さらにですよ!
ログインボーナスとして28日に1回、高レアリティの中でも特に排出率の低い(0.06%)5体のキャラのうち1体が必ず貰えるというのを備えておるんです!

なんでこんなことが出来るのかといいますと。

高レアリティのキャラは、確かに強いんです。
体力や攻撃力も高いし、すごい技ももっています。
でも、単語を作りやすいとは言えない「文字」が割り振られているのです。

日本語のおよそ1/4は「い」「か」「し」「ん」を含んだ単語と言われています。
つまりコトダマンに於いても、このような多用されやすい文字を持つキャラを持っていれば、単語を作りやすく有利と言えます。
でも、高レアリティキャラに、この便利な文字を持つものはあまりいないんですよね。

だから一概に高レア=強い、逆に低レア=弱くて使えないというワケではなく、ガチャに関してもどんどん回してもらって、色んな文字を集めちゃってくださいというスタンスなのかもしれません。

 

運営さんの活動が活発!? 必死!?

上にも貼り付けておりますが、Twitterにて運営さんの公式アカウント「コトダマン運営会議」というのがあるのですが、これがまたとてもフレンドリー!
要望などに対してすぐさま反応、コメントをしてくれたりと活発な反面、『コトダマンやってみようかな……』みたいな何気ない呟きに対してフォローを入れたりと、エゴサーチもハンパない(笑)。

まあ凄く敷居が低いといいますか、風通しがいいといいますか。

こんなスタンスも、プレイヤーに支持されている理由の一つかもしれません。

 

広がる世界・これからのコラボ予定!

いま現在開催中のウルトラマンコラボに加えて……

「新日本プロレスリング」「セガオールスター」などとのコラボが決定しております!

 

見た目だけで敬遠するのはもったいない!

いますぐみんなで言葉を作って共闘しよう!

■よっしゃ「共闘ことばRPG コトダマン」をプレイしてみるぜっ!