【PS4】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」崩壊していく都市をリアルに描いたゲーム画面が公開

PS4

シリーズ通して根強い人気を誇る、絶体絶命都市シリーズ最新作「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」のゲーム画面が公開されました。

 

未曽有の巨大地震に見舞われた都市からの脱出を目指すPS4用ゲーム「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」(グランゼーラ)が2018年に発売。
崩壊していく都市をリアルに描いたゲーム画面が公開された。

「絶体絶命都市」シリーズは、地震や水害など災害が起きた都市で、極限状態の中で知恵と勇気を駆使して生き延び、脱出を目指すサバイバル・アドベンチャーゲーム。巨大地震でビルが倒壊、道路も寸断された都市が舞台で、主人公は水や食料が不足し、衛生環境も悪くなり、ストレスもたまる中で、崩壊する都市からの脱出を試みる。

炎上するビルや、災害に駆けつけるパトカー、倒壊する多くのビル、地割れによって寸断された道路……といった凄惨(せいさん)な被災都市の様子がリアルに描かれている。

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-

 

確か本来ならばこのタイトル、2010年か11年の発売予定だったと記憶しています。
そこで発生した東日本大震災への配慮として発売が中止となったということも言われていましたが(もちろんそれもあったでしょうけど)、これまでの発売延期、そして発売元がアイレムから グランゼーラへと変わったところをみると、色々と開発や販売の裏側に大きな問題があったことが窺われます。

公開された写真を見ていますと、本当に生々しい災害現場描写となっています。
東日本大震災、熊本地震など、いまだ様々な傷も癒えず、復興もままならない状況において、こういったソフトが出ることに世間の反発もあると思われますが、ゲームの内容として、防災・危機管理ジャーナリストによる監修に於いて災害や防災マニュアルが理解できたり、神戸市消防局の協力で火災などの災害シーンや救助活動シーンの表現、防災マニュアルなどに、実際の災害事例や防火・防災情報などを取り入れられていると記されています。

地震大国・日本。
このタイトルを通して“いざという時の備え”を持っておくのもいいかもしれません。