ニンテンドースイッチの本体システムが「5.0.0」にバージョンアップ! 地味やけど、使い勝手が良くなりました

ニンテンドースイッチ

本日3月13日より、ニンテンドースイッチの本体機能の更新データ(ver.5.0.0)が配信開始となりました。

 

今回は、前回の時に実装された「動画撮影機能」といったような目立ったものはないものの、地味ながら使い勝手が良くなったという印象です。

まず個人的にいいねぇ! と思ったのが、暗証番号をスティック入力出来るようになったこと!
いままではテンキー入力だったので、画面上で数字が丸わかり状態でした。
ですから入力する際、子供に「はい、ちょっと下を向いといて~」と見ないように促していたのですが、今回からそういったこともせずに済むというわけです。

あと、スマホアプリの「Nintendo みまもり Switch」の設定が、即座に本体に反映されるようになりました。
今までは本体がスリープ状態やと反映されなかったので、いちいち電源を入れなくてもよくなったということになります。
またスマホやパソコンからダウンロードソフトを買ったとき、より早くNintendo Switch本体でのダウンロードがはじまるようになったとのことで、つまりはスリープ状態でもシステム的には色々と動かせる仕様になったということだと思います。

また、ニンテンドーアカウントとSNSアカウントの紐づけが必須でしょうけど、FacebookやTwitterの友達にフレンド申請を送れるようになった……ようですが、個人的にはあまり関係ないかなぁ。

あとはゲームニュースがチャンネルごとに見られるようになったり、「Nintendo みまもり Switch」で子供が遊んでいいソフトを設定できるようになったりと、“かゆいところに手が届く”アップデートと言えますナ!