ただの段ボール工作と侮ることなかれ 「Nintendo Labo」は高度なテクノロジーを使用したオモチャだった

ニンテンドースイッチ

先日、突如発売が発表された「Nintendo Labo」。

段ボールを組み立て、ニンテンドースイッチを組み合わせて遊ぶというユーザーの予想を遥かに超えたその方向性に、驚きと、正直

「えっ、段ボール工作……?」

と思った方も多いに違いありません。

私もその一人でした。

しかし、公開された最新のPVを観て、ここまで考えて作られているのかと感心してしまったのです。

こちらが、「Labo」シリーズを紹介する映像です。

 

そして「バラエティキット」バージョンの詳しい紹介映像と

 

「ロボットキット」バージョンの詳しい紹介映像となります。

 

これらの映像を見ていて思ったのが、この「Nintendo Labo」が、チョコチョコっと組み立て、チョコチョコっとミニゲーム的なもので遊ぶというただの段ボール工作ではなく、とても丁寧で緻密に作られたものなんだということが分かります。

「作る」では、段ボールの組み立て方をしっかり画面で説明してくれます。
表示されている図を回転させることも出来ますし、説明を巻き戻すことも可能。

「遊ぶ」では、「つり」「バイク」「ピアノ」の内容がとても豊富ですし、「おうち」なんかはかなり小さなお子さんでも、その反応を見ただけでキャッキャと喜ぶこと間違いなさそうです。

「わかる」では、段ボールとスイッチの組み合わせで、どうしてこんな遊びが出来るのかが解るようになっています。
子供って見えない部分がどうなっているのか、とても興味あるんですよね。
それもしっかりと教えてくれています。

 

そんなこんなで自分も子供に「Nintendo Labo」を遊ばせてやろうかなぁと思ったのですが、ひとつ気になるのがやはり“段ボールの耐久性”です。

上の子供は小学1年生なので、既にそのへんの分別はついているので心配はないのですが、問題は下の子供(幼稚園・年少)なんですよ。

家では「破壊神」と呼ばれ、とにかく解体できるものは手当たり次第にぶっ壊していくという恐ろしい生命体。
きっとこの“Toy-Con”もその対象となるのは明白です。

現在は発表されていませんが、おそらく段ボールパーツ(Toy-Con)のみの販売というのも考えられているハズ。
いや、ないと困るご家庭がかなり多いと思いますよ。
そして、価格もリーズナブルにして頂きたい!

そうすることで、このシリーズはかなり人気が出るのではないかと感じております。