【amiibo】 四人の英傑セットがやってきた! 気になるミファーの完成度は!?

ニンテンドースイッチ

アミーボ四人の英傑

本日「amiibo 四人の英傑セット」が届きました!

マイニンテンドーストアにて予約受付がスタートしたのが6月30日。
そこから今日の発売日まで約4か月。
いやー、長かったですね。

amiibo発売が発表された時の写真で、四人の英傑の中で一番人気の高かった「ミファー」のクオリティが低く、「厄災かよ」「邪神にしか見えない」などと揶揄されておりましたが、さて、製品版はどうなったのでしょうか。

ゲーム画面のミファー
ゲーム内ミファー

発売発表時のミファー写真
発表時のミファー

発表時のものは眼が死んでいて、顔の輪郭や頭の被り物など、丸みを帯びていたために何か「のっぺり」とした印象でした。

では気になる製品版はどうでしょうか。
到着した商品を撮影してみました。
(カメラ技術が全くなく、仕上がりに関してはご勘弁……)

製品版のミファー
製品版ミファー1

製品版ミファー2

この比較作業を行っていて思ったのは、明るい場所や暗い場所、手に持って角度を変えてみているとずいぶんと印象が変わるということです。

一番言われていた顔の輪郭部分も、頬や顎の部分にかかる影によって、シャープな顔だちに見えたり、ちょっとふくよかに見えたりします。
(ゲーム画面のミファーも顔の両端にしっかり影が入ってますよね)
そのふくよかな感じも、特に気になるレベルではありません。
そして眼の色はゲーム内と同じく、黒とオレンジでしっかり描かれており、眼ぢからもバッチリでした!

結局のところ「ミファーをどうにかしろ!」とネットで騒がれ、そこから修正が入ったのか否かは解りません。
もともとこの頃から今の製品版と変わらず、撮り方や加工・修正、切り抜き作業等で残念な仕上がりに見えていた、ということも考えられます。

どうあれ、実物を見たわたくしの結論と致しましては……

四人の英傑は、どれもクオリティ高くおススメ!

どんな写真で見るより、実物が一番よいってことですヨ。